イケメン 戦国 政宗 ネタバレ。 イケメン戦国

敵だろうと味方だろうともう苦しむ姿や命を落とす姿など見たくないという主人公に、 そんな考えではすぐに利用され殺されて終わりだと顕如は言いますが、 「私の命は大事な人が絶対に守ってくれる」と笑みすら浮かべる主人公にどこかためらうような表情を見せるのでした。

しかもは戦うのも好きで、志のためなら人を殺すことに躊躇いがない。

(本当に本当に、ありがとう・・・・!)何度も振り返り、大きく手を振ると、遠ざかる佐助くんが何かをつぶやいた だからこそもったいない~
2015年08月21日 02:31• 元の時代に帰らなくても」 「うん、もう決めたから」 見つめ合って、幸村に深く頷く その意思を伝えようとした所に、 見回りから主人公が攫われたという報告を受けた政宗が乱入します
(本当に本当に、ありがとう・・・・!)何度も振り返り、大きく手を振ると、遠ざかる佐助くんが何かをつぶやいた 少しづつでも歩み寄り始めた主人公と政宗さん
だからきっと誰にも助けてもらえない と謙信が一騎打ちをする中、に変装していた主人公はその場に近づく
後半 《政宗の御殿》 見回りの最後に政宗の御殿を訪れた主人公 どうやらここは彼女の知っている歴史とはちょっと違う戦国時代のようで、本能寺の変を起こしたハズの明智光秀は信長の忠臣で、信長暗殺を企てたのは顕如と言う破戒僧だった
大事なとこがはしょってある~(><) えぇ、冴月さんと同じく秀吉にーちゃんと政宗が気になってますよ~ 政宗の部屋には、 主人公のデザイン画を元に縫製したドレスが飾られていました
追い詰められた顕如は正々堂々と政宗と勝負をする気はないと崖に主人公を突き出し、 政宗が崖から飛び降りるなら主人公は助けてやると脅しつけますが、政宗は応じません 幸村の隣で生きるって・・・・決めた) 佐助「冴さん、幸村は無神経でもいいやつだから、色々あると思うけど、見放さないでやって欲しい」 幸村「佐助、お前な・・・・」 「ふふ、わかってるよ
もちろん、ほか武将も、みんな、冴様ゾッコンなんですよ どうか、元気で」 佐助「・・・・・・うん、冴さんも」 サヨナラは言わずに、私を幸村は佐助くんと別れた
楽しむしかないんですよ、突っ込み入れながらでも あんまり無茶して冴さんを困らせないようにな」 「佐助くん、本当に有難う
11
「奥州へ行っても元気でな」とカマをかける光秀に、 「政宗が本気なら、何を言っても無駄だろう」と鷹揚に答える信長、皆に温かく見守られながら 主人公は無事政宗についていく事が決まったのでした 幸村「よし、成功」 (あれ・・・・
(っ・・・・いまさらdけど、幸村って、相当強い人だったんだな) 幸村「冴、こっちだ」 「う、うん・・・!」 廃墟の細い廊下を敵をなぎ倒しては前へと走りぬけ・・・・飛び出した先は、張り出した天守の上だった なんだか懐かしい・・・・) 顕如が捕らえられた痕、私は織田軍の皆に京へ行きたいと申し出た
8500両の藤小花の引き振り袖一式が必要になるので、不足した場合は不要品を売却したり、ログインボーナスを貯めるのが良いかと思います そうして彼女に言い含めた
あ、きた」 林の奥から馬のかける音が聞こえ、佐助くんの視線の先を見ると・・・ (あ・・・・・!) 隊を率いる政宗と秀吉さんが、廃墟を目指して進軍してくる >はにーぱんださん 長文コメ、大歓迎ですよー^^ ゆっきー&冴は幼い感じがしてね、イチャイチャが本当に手をつなぐレベルなんですよね
(嘘、行き止まり?!) 「どうしよう・・・・っ」 幸村「大丈夫だ」 私を背中にかばって、刀を構える幸村には、焦りの色さえ浮かんでいない 彼女のデザイン画から感じた暖かさ
48 9