コロナ 報道。 コロナ「感染者数の積み上げ」でパニックを誘発する報道の病理

世界規模での人口移動の常態化は、まさに今回のパンデミックを引き起こした最大の要因であった。

今回のパンデミックは、そうした事柄を送り手側が考え、メディアの自壊を食い止めるための、もしかしたら最後のチャンスかもしれない。

ビニール傘も割り箸もそうだという。

関連URL. コロナじゃないかも知れない、熱が下がったら仕事が出来るかも知れないと粘った…それが1番の反省点で、それじゃダメだと教訓を得ました。

わたしが手洗いをする基準は、わたしの住んでいる町で感染者が出てからである。

リモートワークについては、1月26日IT企業の在宅勤務報道を皮切りに増加。

キャラ立ちしているのは系「バイキング」に出ている上席解説委員の平井文夫。

不要不急なものはない。

私も2日に1日は緊急手術のオンコールを続けておりますし、事実上、365日24時間のうちの半分を担当しています。

1週間足らずで、自動車の製造ラインを医療機器向けに作り替えた企業もあります。

「一般のファンの方に対して、ご心配をおかけして…という思いはありますが、仕事先の関係者の皆様に迷惑をかけたので謝りたかった。

新型コロナが登場した2020年上半期の超過死亡は結局、例年より多いどころか減少していました。

外出が怖いので家にいてテレビを見る機会も通常よりは増えている。

16