合田 一家。 工藤会の津川組は元々は合田一家の二次団体だったのですが、何故、工藤...

若頭 - 新井鐘吉(本名 : 朴 鐘吉、五代目小桜組組長)• 溝下さん典型の経営手腕が功を成し骨抜き津川組を取り入れたのです。

溝下が死んだから体制が変わったのではなく、溝下さんがやったことは最初から溝下存命中にしか効力のない経営法だったのです。

諸永氏は、それは溝下氏とは比べられないほど立派なヤクザでした。

歷代總長 [ ]• 11月20日、由原若頭繼承7代目總長 ,後見人為若頭高山清司。

しかし工藤会により殺されました。

総長 - 末広 誠(本名:金 教煥)• 佐古野さんは草野一家の二代目最有力候補でした。

若頭・新井鐘吉 本名 : 朴 鐘吉;五代目小櫻組組長• 合田一家五代目:山中大康(本名:李 大康)• 七代目合田一家 [ ] 総長温井完治の引退を受け、六代目体制の最高幹部であった傘下四代目小桜組の末広誠が2009年の9月に七代目を襲名。

二代目田中組 山口縣 [ ]• 同番組ではが(後に)組長、山中大康・小桜組組長(後の五代目総長)などの組幹部へのインタビューを行う一方、、刑期を終えて出所するも間もなく死亡するなど、末端の組員の実情も取り上げられた。

五代目: 本名 : 李 大康;三代目組長• 五代目合田一家 [ ] 平成4年()7月27日、からに指定された 二代目一松組 [ ]• 諸永氏は暴力団になりきれない超のつくドヤクザだったので、このしがらみの中で生きていけずカタギになりました
三代目:• 合田一家二代目:浜部一郎• 合田幸一は、籠寅組の代紋を継いだが、恐れ多いとの事で籠寅組の家名は継がなかった 『実話時報』2009年12月号(竹書房). 二代目 - 加藤法龍(本名:崔 法龍)• 組織委員長・橋本鋭二 橋本組組長• 四代目:• 津川組もまた同じ、実力派が消え姿形が変わってしまいました
合田一家積極的擴展自己的勢力版圖,特別是與山口縣的反合田系勢力的對立抗爭最為激烈 三代目松正會 [ ]• その後、事実上の引退という状況に追い込まれ、何か商売でもしようか?とも思っていたのですが根っからの極道であったため、気力も落ちてしまっていました
208• 椎木組• 二代目阿部組• 関西二十日会とは違い、特に山口組を仮想敵とするわけではなかった 五代目竹内組 [ ]• 合田一家初代 :合田幸一• 合田一家三代目:浜崎 彰• 合田一家四代目:川崎友治• 歴代総長 [ ]• 津川組は初代の津川晃治組長が五代目合田一家の本部長を務めてましたが、六代目への代替わりの際に津川組長は合田一家を脱退しました
六代目: 二代目濱部組組長• 、『実録 武侠ヤクザ伝 籠寅三代目 合田幸一』、2008年、• 籠寅組初代:保良淺之助• 五代目舎弟頭補佐・(後の六代目山口組顧問)が後見人となった 昭和63年()、が結成された
21