高崎 市立 図書館。 高崎市立図書館

1995年(平成7年)7月には視聴覚コーナーを拡張、また中央カウンター奥には読書案内のコーナーが設置された。

その後、図書館周辺における建造物建築による風通しや日照の悪化、自動車の騒音など環境の変化により図書館移転が要望されるようになった。

(昭和55年)7月17日 - 吉井町立山種記念図書館開館• (平成23年)4月1日 - 中央図書館開館が高松町5-28に新築移転• 田島武夫氏は、昭和25年から昭和39年まで高崎市立図書館長。

これにより、4月1日から市の社会教育機関として運営されることとなり、8月1日に高崎図書館と改称した。

精度の良さから採用されたのが、内田洋行のICタグです。

(昭和59年)7月7日 - 高崎市立図書館、末広町25番地1に移転、開館• 無料Wi-Fiの整備は、導入コストや固定費用がかかってしまうかもしれませんが、短期的に見ても、長期的に見ても、市に対するマイナスの効果は少ないと思います。

ランドスケープ設計主旨 計画地は、高崎城址の本丸掘と二の丸堀に挟まれた城代屋敷のあった歴史的な地区であり、地域的な特徴として、土塁による外堀が残され、土手のサクラが美しい場所で、さまざまな公園が点在する高崎の顔となる充実した景観を形成しています。

開館時間:火曜日から金曜日は10時から19時、土・日・祝日は10時から17時• 市内にある図書館の、どこで借りて、どこで返してもいいシステムや、開館時間の延長などは、思いついたときに誰もが利用できるように考えられたものです。

89

自動出納書庫 [ ] 公開書庫2 出版から年数が経っても利用されるスタンダードな資料を集め、利用者が自由に手に取ることができる書庫。

用途:保健所、診療所、図書館 所在地:群馬県高崎市 延床面積:32,392. 設備設計主旨 中央吹抜けには温熱環境改善および省エネのため、居住域空調、自然換気の他、ELVシャフト利用空調を採用しています。

高崎市立図書館へ名称変更• また、免震構造を採用して地震入力を低減することにより、凹凸のある外形や上下階の柱位置が一致しないという自由な構造形態を実現するとともに、公共施設としての地震時における機能継続性を確保しています。

これにより、利用者自身による貸出など以下のような新たなサービスの提供を行っている。

住所:高崎市新町3126• 高崎市市史編さん委員会『新編高崎市史 通史編4』高崎市、2004年3月、506頁。

1994年(平成6年)11月、旧群馬町役場庁舎跡地を利用して群馬町立図書館が開館した。

(昭和63年)6月10日 - 新町立図書館開館• 電車:JRから徒歩15分• 住所:高崎市下室田町900-4• 休館日:月曜日、館内整理日(月1回)、特別整理期間(春・秋)、年末年始(12月28日から翌年1月4日)• (平成18年)1月23日 - 市町村合併に伴い箕郷・群馬・新町図書館を設置。

パソコン・電卓等の持ち込みは不可。

利用券は市内の図書館共通で利用できる。

建物は鉄筋コンクリート造及び鉄骨造の陸屋根3階建てで、床面積は2,936. これらの吹抜環境技術に加えて外気冷房、自然冷媒ヒートポンプ給湯器、全熱交換器、昼光センサーや人感センサーによる照明点灯制御等の省エネ技術や、雨水再利用、節水型便器等の環境配慮技術を導入し、環境性能の向上を図っています。

19