生存 権 scp。 シリーズ(SCP Foundation)

1978-JPの内容が嘘やカバーストーリーと言うわけでは無い。 - 何が彼を殺したのか?• 赤 予測や制御がほぼ不可能で収容違反を起こした場合大規模な被害をもたらすとされるもの。 その他 おもちゃの体裁でSCPオブジェクトを作り出す「 ワンダーテイメント博士」、SCPオブジェクトを作り出すアーティスト集団「 Are We Cool Yet?。 高い知性と冷酷さを持ち、相手を言葉巧みに自殺させるばかりか、収容室を未知の物質で汚染された黒い血液で崩壊させようとしている。 2018年2月23日閲覧。 最後の1つは、このオブジェクトに暴露したことでSCP-1374-JP-Vと呼ばれる存在になってしまった人が出す声。 サイトの主要な創作物は、自然法則に反した存在・物品・場所(「SCPオブジェクト」)を封じ込める方法を示す"特別収容プロトコル"を記したであるが、その他にもSCPオブジェクトやSCP財団に関する様々な形式の(サイト内では「財団Tales」またはTalesと呼ばれる)がコミュニティ参加者により執筆されている。 この記事は、普通に読むには少し不明瞭な点が多く、意味が分からないかもしれない。
15
Dクラス職員にカメラを持たせ、「最後までアナウンスが終わった後どうなるのか」という調査をした時の記録なのだが、SCPのオタクは全員一度はこの記事に泣かされている。 SCP-035 取り憑くマスク 分類:Keter 見た目は喜劇で使われる白磁の仮面だが、ガラスすらも腐食させる強い腐食性を持つ黒い粘液を常に分泌している。 シリーズの方に現在作成されているSCP-JPのタグが含まれている記事をおそらく全て 現在削除されているものとJやEXを除く 追記しました。 - サカムケツヅケ• このオブジェクトの異常性は、この紙を人間の顔に押し当てた時に発現する。 財団は、このオブジェクトの調査のため、二回機動隊を突入させたのだが、誰一人として帰ってくることはなかった。
「SCP-173」記事ページやSCP財団全体のライセンスガイドには、その扱いに格別の注意と尊重を求める旨が掲載されている。 ただし出自設定は記事執筆者によって異なる場合があり、またその雇用形態についても「一定期間後に解放される」「一定期間後に殺害される」「死亡する前提で雇用されている」「一定期間ごとに記憶処理を施されて『一定期間後に解放される』と思わされ続けている」など様々で、確固たる設定はなく記事執筆者ごとの判断による。 - 目立ちたがり屋• そりゃまぁ新薬開発には実験が不可欠なのはもちろんそうなんだけど、こんなのはあんまりすぎるよ…。 財団に明日はない。 - 帰り道• - Memory Keeper• またパート5の実験記録には 唯一箱の中身についての言及があり、 それは次のメッセージが書かれた一片の紙片でした。 廃業後取り壊しが決まっていたのだが、解体作業の翌日には無傷の状態に戻っていたため財団に知られ、収容されることになった。 - 裸の絶対王政• 連邦捜査局 異常事件課 FBI UIU 内に設立されたSCPオブジェクトの捜査機関。
79