みんな 逃げろ ホーイ。 清少納言

相変わらずラブラブ ・コクリコ坂から:1963年の横浜
傍から見れば無茶苦茶そのものだが、彼女としては「愛の神は自身の恋愛について相談することができないが、同じ愛の神ならできるだろう」という親切心であった 最終話ではレオとの因縁の対決に終止符を打ち、事件が全てが解決した後は昴星学園に帰っていった
期間限定イベント『カルデア・ビター・バレンタイン2021』で共演 」 同上
人物 ギャル感満載の陽キャなパリピ女子 生前からの知り合い
の様に機械やソフトで声や動きを表現してるのかと思いきや、まさか本当に"中の人"と呼ばれてる人がいてそこから様々なことが思い描けるとは理解すらしてなかった 産業革命期のヨーロッパを元にした架空世界
ちなみにこの形態でにイッチを差しても解除にはならないため、イッチのも使える 彼のの一つと思われる
人当たりの良い性格も全て演技(本来の一人称も「俺」)で、弦太朗達の事も 「友情ごっこ」と見下していた もそんな感じで適性を得ているくらいだし
言葉はあれだけど、どちらかと言えばここまで根暗な印象が強かった黛の印象がガラっと変わり、かつ「こいつおもしれーな」と思うようになり、彼の動画に手を出すきっかけとなった 弦太朗に恋愛感情を寄せるからの邪魔もお手のもので、弦太朗に対してはなんだかんだ多少の文句を言いつつも、 デレまくりのベッタリである
59
清少納言によって塗り替えられた世界は「いつか、どこかで見た懐かしい風景」となって、結界内に取り込まれた相手の心に侵食する。 2021-07-08 18:00:00• 真名:虞美人 [ ] 史記、漢書にて断片的に語られる、謎に包まれた項羽の寵姫……が水着姿になったもの。 ちなみに「紫式部日記」には彼女の評も書かれており、「恋文や和歌は見事だが素行は感心できない」とのこと。 使用している槍は彼から借りている。 確かに偏見や近寄り難さもあるかもしれない、自分も今でも炎上が怖い。 その一方で閉所恐怖症らしく、第37話では選抜試験の閉鎖環境耐久テストで錯乱を起こしてしまい、では弦太朗達3年生3人やが合格となった中1人だけ失格になっていた。 ロクジョウと共に聖杯の片割れが自分に統合されたために事態は解決し、主人公らに召喚される可能性を考えつつ消滅した。 よって今までファンの中でもあくまでも『パラレルワールド』として扱われてきました。 ちなみに彼は「ヴァルゴ」の姿で「失敗」とみなしたのャーを「処刑」としてネビュラに送っていたのだが、第42話で彼の口からネビュラに送った人々を状態にしたうえで密かにM-にしていのをにしている。
38