体制 と 態勢。 体制・態勢・大勢・体勢の違い!例文で使い分けを解説

「万全の態勢で臨む」「態勢を整える」「受け入れ態勢」「厳戒態勢」といった用例がありますが、いずれも一時的な対応をあらわす言葉となります。

寝かせておくのが今の彼にとって一番楽な体勢だ。

(引用元: ) とあります。

態勢の類語 態勢の類語・類義語としては、対応の仕方を意味する「出様」(読み方:でよう)、物事に対する処理の仕方や態度を意味する「出方」(読み方:でかた)、立場などに基づく心構えや身構えを意味する「態度」などがあります。

強い勢力。

私は、サポートとは「お客様がサービス・商品を使いやすいように、満足のいくものとするように」する活動すべてだと思います。

政治支配の形式。

体勢: 体の姿勢や様子。

23
「体勢」とは 「体勢」とは 「体の構え」「姿勢」ですから、「体制」「態勢」と比べると物理的で、実際に目で確認することができる状態にあります もうかなり昔の話になりますが、金融庁の課長補佐だか係長(だったと思います)が、「態勢は体制と違うんだ
体勢という言葉は、「座ったままの体勢で居続けることも大変だ」「電車の揺れで体勢が崩れた」などの使い方で、身体の姿勢や構えを意味します 』 『たいせい【態勢】 準備が整って、いつでも何かが出来る身構えや状態
態勢の意味 態勢とは 態勢とは、 ある物事や情勢に対して取る構えを意味しています 態勢:状況に応じた一時的な構え(例:臨時態勢) 「たいせいを整える」という文章で例えてみましょう
「体制」と「態勢」を使った例文• これは、何かをしようとする時の体のかまえであり、日常的には、スポーツなどの報道でよく見かけます また、取り決められたシステムが社会を支配している様も「体制」と言います
「System」とは「組織」「社会や経済の制度」を意味し、「Prepare」は「準備する」「備え」をそれぞれ意味します 表現方法は「万全の態勢」「態勢を整える」「態勢を立て直す」 「万全の態勢」「態勢を整える」「態勢を立て直す」などが、態勢を使った一般的な言い回しです
「体制」にはこのほかに、「社会が一定の原理により組織立てられている状態」という意味もあります 旧体制の残る力はどれほどか• 体制を整えるは組織の在り方を見直し、効率化、合理化を図るという時に使えます
大局とほぼ同じ意味で全体の様子やそのありさまを表します それが当たり前の「サポート」のありかたです
こういったハード面の整備について使われるわけですね 大勢(たいせい)は物事や世の中の大まかな流れ、成り行きという意味になります
この場合、どちらの漢字を使うかは、書き手の考え方によって決めるしかありません 「態勢」をもっと詳しく 「態勢」とは、物事の情勢に対して身構えたり準備をすることです
24
上司がいうなら「態勢」でしょう。 「体制」との違いは、 一時的または部分的な身構えであるということです。 態勢整備 一方、態勢整備という言葉は、出来上がった体制に魂を入れるといいますか、形だけの体制だけではだめで、それがしっかり機能するよう、ソフト面にも十分な配慮がされたモノを指して使われることが多いようです。 また、「体制」は「社会を支配するための権力」という意味もあり、「体制側(権力を握っている側)」のような使い方もされます。 今回はこの用語の違いについて。
96