地震 対策 グッズ。 備えておきたい地震対策グッズ

ここで紹介する防災セットの選び方とおすすめの製品を参考に、中身が充実していて災害時に持ち出しやすい防災セットを探してみてください。

出典: DIYのパイオニアであり、生活の中の小さな「不」を解消する和気産業。

2個入りセットの手頃な価格で、両開き扉の飛び出し防止対策ができる優れものです。

3090円 税込• 自由にサイズ調整ができるフリーカットタイプ• 外形寸法 幅5. 付属品 ビス 出典: 防犯、防災対策商品を幅広く取り扱うノムラテック。

特に、つっぱり棒は目立ちやすいため、設置する家具と相性のよいデザインのものを選びましょう。

出典: 耐震ラッチは扉の素材に合わせた取り付け方法を選ぶのが大切。

1159円 税込• 非常食(菓子類・ゼリー状の食品)• 100kg以上• ライフラインの停止中や避難所で生活を送る場合、トイレや入浴などの衛生面や、プライバシーの確保のためにあると便利な防災グッズを紹介します。

家具の上下を転倒防止グッズで支えるのが、家具の転倒を防ぐ有効な方法。

もし小さなインテリア小物に貼りたい場合や耐震マットのはみ出しが気になる場合は、お好みのサイズにカットして使うとよいですよ。 オフィス家具の固定は安全のために必須なのです。 避難所生活が長期に渡った場合、健康を維持するために必要なもの• 防臭袋、凝固剤、汚物袋がセットとなっていて、匂いのストレスがなく快適で、衛生面でも安心して使用できます。 ベルト• 受 ナイロン樹脂• 1995年に起きた阪神・淡路大震災では、住宅内部での被害が多く、負傷者の約半数 46パーセント は「家具の転倒、落下」が原因だったというデータがあります。 足裏に貼るだけ• 耐震度は震度7まで。 携帯歯ブラシ、歯磨きオイル、ピック、フロス、舌ブラシの5つの機能を備え、これ1本で口内ケアを手軽に行うことができます。 70kg以下(4枚使用時)• 出典: 商品の違いがよくわからず迷ってしまうという人は、地震や災害対策用品を広く手掛けるメーカーで選ぶのもおすすめ。 クリアカラーで目立たないシンプル耐震マット• しかし、東日本大震災が発生した際に調査対象の20%の事業所で家具の転倒、落下が起こり、3%のオフィスでは負傷者も発生しています。 なぜなら、大地震など、これまでの国内で記録ある自然災害において、水や食料不足が理由で亡くなった方はいないからです。 振動吸収マット 耐震ジェル 極 クリア 20枚入り• 壁への取り付けが可能な環境であれば、こういった壁面取り付けは転倒そのものがないため安心です。
58