白山 神社 お祓い。 ご祈祷 | 白山比咩神社 | 石川県

延宝八 1680年 年に御神体造立、および社殿造営されていて、安政四 1857年 年には社殿が再建奉遷されています 1440年に火災で山が炎上しますが、復興資金として北陸道から租税を取る事を認められ、逆に規模は拡大していき、室町時代後半には8千人の僧兵のいる宗教都市となりました
ちなみに修験道とはアニミズム、山岳信仰、仏教等が習合した日本独自の宗教であり、山に篭り厳しい修行をして悟りを得る事を目的としています 夏の名を越えて災いを祓う、また、災いなどの邪神を祓い「なごめる」というところから、「夏越の大祓」とも言われています
神社自体もエネルギーが高いのですが、ご神体である弥彦山(やひこやま)全体が強いエネルギーを持っていて、さらに神社によってエネルギーが上乗せされていると言う感じです 日々知らず知らずのうちに身に受けていた災いを「人形」に移して心身ともにはらい清め、茅の輪をくぐる神事です
白山信仰の神様 白山比咩神 シラヤマヒメ 全国の白山神社に祀られているのは白山比咩神と言う神様です この他、その性質としては、イザナギと同じく、万物創造の神としての神格を持つ
それは、元々神社のお祓いが、祓い清めることや神様に対する感謝の気持ちを表すことが目的であることによります 文明12年 (1480年) 白山比め神社 (石川県) 白山寺白山本宮が、大火によって社殿を焼失してしまう
95
白山信仰のルーツの謎 白山一帯に古来から続く山岳信仰は後に仏教と習合しますが、その過程には渡来人が関わっていたと言う説があります 養老元年 (717年) 白山 白山を開山したと伝えられる泰澄(たいちょう)が、禅定道に、白山寺白山本宮(加賀)、長滝寺白山中宮(美濃)、平泉寺白山中宮(越前)のそれぞれを創建する
他にも石徹白大杉等と言う樹齢1800年の大きな杉の木等、多くの信仰対象があり、登山者を見守っていました 日本有数のパワースポットと言えるでしょう
このことから、それらの条件から古来霊地とされた地であったと思われています 祓いことば奏上の間とお祓いを受ける時は軽く頭を下げて下さい
更には、イザナミとの別れのくだりから、人間の寿命が定められたとも伝えられており、その点では、人間の寿命を司る神とも言われ、イザナギが、生命の誕生を司る側に立ったことから、安産祈願、子孫繁栄を司る神と言われる 奥社御厨子は唯一の傑作として、拝顔を氏界隈の宮師がしたと伝えられています
彌彦神社(弥彦神社) 新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦2898 (写真出典:ウィキペディア) 彌彦神社(いやひこじんじゃ-「やひこ」と読むこともありますが、正式には「いやひこ」)は、越後国の一宮(越後国で最も社格の高い神社という意味です)で、神さまの中でも特に霊験の高い神さまをお祀りしている名神大社の一つです この時に素朴な白山信仰は神仏習合の中に組み込まれ、新たな宗派となりました
断言はできませんが、周辺の霊的環境があまり良くないので、そこを守る目的がこの神社にはあるようです 白山神社 住所 東京都多摩市落合2丁目2番地1 ホー厶ページ お祓いや祈祷の金額 記載なし お祓いや祈祷の種類 記載なし お祓いや祈祷の時間 記載なし 注意事項や留意事項 ご祈祷は行事日の当日受付のみ 詳しくはホームページへ 説明やおすすめポイント 白山神社の御祭神は伊邪那岐命 いざなぎのみこと 、伊邪那美命 いざなみのみこと の二柱です
87