Ioc バッハ。 “火消し”でも炎上…IOCバッハ会長の「犠牲」発言問題が海外にも波及…「日本で非難の声が沸騰」(Yahoo!ニュース オリジナル THE PAGE)

その上で同紙は、「バッハ会長が誰に犠牲を払うことを求めたのかははっきりしていない。

ここで書いたミスを犯したのは朝日だけではない 昨年の米大統領選で活発化したブラック・ライブズ・マター(BLM)運動を受け、欧米のスポーツ界からは50条改定論が出ている
それは幸いなことだ 気になるのは、「バッハ訪日」を巡る国内外メディアの温度差だ
このアジェンダに基づき追加種目制度、男女混合種目の増加、女子種目の増加、複数都市共催大会()開催決定と実績を上げている このアジェンダが守れない場合、開催都市として立候補は行えない
来夏の開催に向け来日した国際オリンピック委員会(IOC)バッハ会長の動向が注目されている おカネに執着する姿勢がバッシングを引き起こす主な要因だろう
前回のリオデジャネイロ五輪では、日本最多となる1大会で41個のメダルを手にした」(原文ママ) その後には英タイムズ紙が「日本の与党幹部が『東京五輪は中止というコンセンサスが政府内にできている』と語った」と報じ、日本の政府や組織委員会が火消しに追われた
暗にこれらの発言を問題視した 新型コロナウイルス禍で東京五輪開催は大ピンチだが、国際オリンピック委員会(IOC)の〝大ボス〟ことトーマス・バッハ会長(67)はヤル気満々だ
80

1984年:バーデン=ヴュルテンベルク州功労勲章• ただ「どうか辛抱してほしい」と書かれたら、五輪開催そのものについて何か「辛抱」を求められたのかと思うだろう。

IOC幹部の発言を巡っては、ジョン・コーツ副会長が21日の記者会見で、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言下でも大会を開催する姿勢を打ち出し、反発を呼んだ。

一方、会議に出席した関係者は、「犠牲」について「参加する方も今までと違った形なのでいろいろな制約があるけど、それは我慢してやるべきだというニュアンスと受け止めた」と述べた。

In: Frankfurter Allgemeine Zeitung. 世界中の選手との選手がついに一緒になるとき、多様性に富む私たち全人類の団結や粘り強さ、連帯を強いメッセージとして打ち出すことができる。

しかし上の試訳からわかるように、バッハは日本国民だけに語っていたわけではない。

だが、これは本来あってはならない記事だ。

また橋本会長は、東日本大震災から10年となったことについて「東京大会にとって復興への貢献は源流だ。

しかし、「本当にいいニックネーム、それしか感じない! ここでも憲章の建前と本音の使い分けがある。

22

日本オリンピック・アカデミー副会長の舛本直文東京都立大・武蔵野大客員教授は「オリンピック・チャンネルはIOCの公式広報ツール。

こちらはメダル獲得数上位20カ国を紹介するが、順位表記はない。

さらにコーツ副会長は緊急事態宣言が出されている中でも開催することを断言。

一方ウイグル問題は、IOCはなかったことにしようとしている。

この文が炎上の源なのだろうが、いったいバッハが何を言いたいのか、この日本語では理解できなかった。

IOCと中国中央テレビは14年、18~24年の4大会の放映権料で合意。

朝日が記事の本文を変えたのはよかったが、残念なことに見出しを変えることに思いが至らなかったようだ。

日本語でいう「ご理解ご協力のほど」に近いだろう。

記事は「IOCのジョン・コーツ副会長が、『招致都市 東京 が新型コロナウイルスの緊急事態宣言下にあったとしても五輪は開催されるだろう』と語った後に日本で批判の声が湧き上がった」と、21日に行われた調整委員会後の記者会見でコーツ副会長が「感染対策を講じることで緊急事態宣言下であってもなくても安全安心な大会が開催できる」と発言しネットや識者から批判の声が高まったことも併せて紹介。