因幡 の 白兎。 因幡の白兎とは (イナバノシロウサギとは) [単語記事]

やがてが氷ノ山(現・倉山)の氷ノ越えを通ってを去る際、そこで氷の美しさに感動されてその山を日枝の山(ひえのやま)と命名された。 : 、。 ルール違反投稿に対して返信すること• 世界の類話 [ ] 島から戻る話 少数民族の民話に、によって孤島に運ばれてたがに頭数を数えると言って一列に並ばせ、背を渡って戻る場面がある。 , pp. 白兎海岸の西寄りには、白兎神社に合祀されている白兎川下神社と、すぐ沖には白兎がいたとされる淤岐島(淤岐ノ島、隠岐の島=おきのしま)がある。 その為にも向こう岸まで一列に並んで下さい」と言ってワニを騙したのです。 関連資料 [ ]• というわけで、戦前のイデオロギーとか、大東亜戦争の記憶とか、そういった厄介なものとは関係のない、ダイナミックな「古代神話どうしのつながり」の話の中で、 「ワニ=鰐」説がふたたび大々的に復活してきてもよい時期なのではないかと思うのですが、いかがでしょうか? 歴史好きにはたまらない小ネタ:「ワニ=鮫」説をイチオシした幕末史上の意外な人物! ところで以下は完全に小ネタですが、上掲の『日本神話はいかに描かれてきたか』(及川智早 新潮社)の研究によると、因幡の白ウサギに出てくるワニを鮫と解釈した人物の中には、意外な名前も入っています。
25