ウラヌス ナミ。 『ワンピース』考察!3つの古代兵器の正体は?ウラヌスはナミなのか?

70

ですが、世界政府が隠している「空白の100年」の間に何かしらのことが起こり、そのせいでそれぞれをバラバラにしなければならなくなったと考察します。

実際、これだけ連載を続けていて、 ようやくサンジの出生の秘密が明らかになったばかりです。

そのゼウスを従えたナミはやはりウラヌスなのではないかと思います! これで何時でも雷落とし放題ですね(笑) ゼウスも従えてナミの戦闘力はどんどん上がっていきますね! ナミは人魚!? 古代兵器であるという考察以外にもナミは 実は人魚なのではないか!? という考察もあります。

つまり、 人間も古代兵器になりうるという事実が浮かび上がってきたのです。

そのため、実親の姿は未だに登場しておらず、 ナミの出生や本当の故郷については不明ということです。

扉絵「ワポルの雑食バンザイ」とウラヌス 「はっちゃんの海底散歩」「ジャンゴのダンス天国」はプルトン編アラバスタで描かれた扉絵シリーズですが、その後のポセイドン編空島で描かれた2つの扉絵シリーズにも 同じ法則が見えます。

ウラヌス説• 天候を操るウェザーボールについてハレダスは「悪用すれば極論世界を混乱させる」と説明しています ワンピースの最終回に関しては、この物語が すべてナミが描いた小説だったというオチが待っているのではないか・・・なんて都市伝説まで存在しています
ちなみにズニーシャの声を聞けたのが、 モモの助と ルフィです 謎が多い分、ウラヌスの予想は尽きないですね
プルトン編「アラバスタ」の扉絵• その見た目からナミとはかけ離れた存在だと思うのですが・・・本当に母親だとしたら驚きですよね このことから 他の古代兵器も人物である可能性があること出てきましたよね
スポンサーリンク 第三者配信による広告掲載を無効化していない場合は、サイトへの広告配信に Google 以外の第三者配信事業者や広告ネットワークの Cookie も使用される可能性があるため、その点についても次の方法でサイトのプライバシー ポリシーに明示する必要があります あれ?生まれた村ってココヤシ村じゃないの? と思う方もいると思いますので詳しくご紹介していきましょう
ウラヌス まずはウラヌスからです 天候を操るといえば、ナミが2年間修行した 「天候を科学する国ウェザリア」にも伏線があります
古代兵器ウラヌスは、ルフィの「覇王色の覇気」に関係する「人を引きつける力」であり、全種族を差別なく巻き込んで巨大なうねりを起こし、「支配のない自由な世界」へと導く力である ビッグマムは悪魔の実の能力者で恐ろしいほどの巨大生物ですね
先ほど取り上げたローグタウンでルフィを救った雷のシーンです ワンピース世界でも月から「青色の星」へやってきた 「月の人」が存在することから、この扉絵の「トンジット」が「月の人」を表しているとすると、古代兵器ウラヌスのキーワードとした 「天の使い」と合致します
ワンピース世界にも、ドレスローザと同じように反乱分子が存在するので以下のようになります 何の為にか 遠い昔に 実在した この世界を 滅ぼせる 程の力… 〝神〟の名を持つ… 3つの 古代兵器 「プルトン」 「ウラヌス」 「ポセイドン」 出典:ONE PIECE 66巻 650話 p68 株式会社集英社 2012年5月7日第1刷 ワンピース世界の中で世界を滅ぼすとされる3つの古代兵器プルトン、ポセイドン、ウラヌス
地下の神、鉱物資源の守護神という意味があります ポセイドン• 尾田 栄一郎「ONE PIECE」66巻扉絵/集英社 以前の考察で 「竹を割ったら精霊が現れた」というセリフが 「かぐや姫」を表しているとし、トンジットは「月からやってきた人」を表していると考察しました
ワンピースのナミの正体を考察! ナミは戦場を歩いていたところを拾われ、育ての親「ベルメールさん」によって助けられますが、 それ以前の記憶や情報については一切語られません ポセイドンのしらほしがお姫様で、ナミと話したらホッとするとありました
70