泉 鏡花。 泉鏡花:外科室

泉鏡花氏の芸術が即ちそれだ。

9月、金沢高等小学校に進学、翌年にはのミッション・スクールに転じを学ぶが、(明治20年)にはここも退学し、市内の私塾で英語などを講じた 、岩波書店より鏡花全集が刊行された
」( 我會負起責任 そして事態は思わぬ方向へ
『三之巻』(1896年)小説 (銀鵞)新次の弟が彫刻師の父に連れられて、お秀の嫁ぎ先である紫谷家にある銀のの置物を見にいき、お秀と会う 晩年 [ ] (大正14年)、より『番町夜講』刊行
此外,為了增加收入,一面編輯實用書籍,一面創作小說 ある夜半、露野と2人で出歩く禮吉はそこで、初恋の人・お楊と遭遇するも、の毒に体を冒されていたお楊は、禮吉ほか、他人へ醜い顔を見せることを拒絶していた
(明治33年) - 『』を発表 」( 請) 的部分 p. 『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)31頁• 妻・はもともとに桃太郎という名で出ていたで、師の紅葉は2人の関係を絶対に許さず、「女を捨てるか、師匠を捨てるか」とまで鏡花に迫った
32 ( 從剛才開始就一動也不動,如死灰般的高峰,輕輕地起身離開椅子) 從這樣的形容來看,似乎醫學士對於夫人的發言也並非完全無動於衷 手術檯上的貴船伯爵夫人清高、冷然;負責動刀的高峰則鎮靜異常得讓人心驚
『春昼後刻』(1906年、新小説)小説 寺よりの帰途、散策子を待っていたのは玉脇みお、すなわち蛇への用心を言伝された家の女主人だった。 (将棋)深水の家でお秀と将棋に興じていると富の市も訪ねてくる。 (仙冠者)貢の住むところは金沢のの近くで仕舞家の並ぶ閑静な場所であった。 『乱菊』(1894年)小説 主を隠居させ、弟の大音(おおと)の君を殺害し、を跡継ぎにすべく送り込まれた刺客乱菊は豪胆な気質を藩主に認められ藩主の母(産みの母ではない。 一方、年下の貧乏画家・二上秋山に想いを寄せる髪結のお島は、秋山がお小夜に心を奪われているのを告白され、秋山をわがものとするため富の市にお小夜を襲わせた。
7
『泉鏡花セレクション』 全4巻、2019年 - 2020年 順に 龍蜂集、銀燭集、新柳集、雨談集。 この話を看守が一群の囚徒に語りながら、自分はこの話を思うと厳しく囚徒を監視する気になれず、つい居眠りしてしまうのだという。 (明治43年)、『』(新小説)、『三味線堀』()。 会員になる。 在那以後,他繼續發表系列作品,如〈龍潭的故事〉、〈怪鳥〉、〈蜘蛛〉和〈清心庵〉等。 (明治35年) - 胃腸病のために静養。 宣教師などの参観者がいるミリヤアドの大切な授業で新次は指名されるが答えられず、かわって富の市が「苺」という適切な答えをする。 芥川龍之介 (1892-1927): 大正時期日本文壇最閃亮的明星,至今人氣依舊歷久不衰。
98