黒の組織 あの方。 黒の組織

あの方と予想されている人物達 あの方の正体は作者曰くすでに作中に登場している ということから、現在まで様々な人物があの方なのでは? と噂されています。 そして、今のところこれが正解のようになっており、 〖あの方〗は〖CARASUMA〗なのだ…という見解です。 所属者は基本的に上から下までの装束に身を包んで任務を行う。 円谷光彦 コナンと同じ小学1年生で少年探偵団の一員です。 )、テープで貼り付けられた秘密のソフトを素手で取ろうとする(指紋を採取される恐れがある) 、など。 顔立ちは妹と異なり、イギリス人の特徴らしきものは見られない。
基本的にコードネームを持っている幹部メンバーの地位は、ウォッカがジンやベルモットに敬語を使うなど実力や年功序列などによる多少の上下関係はあってもほぼ同格とされており、作中でジンが部隊における幹部同士のリーダー的立ち位置にいるのは偶然である しかし、とある事情からその人物が作中現在における実在性が曖昧な状態であり、「あの方」がその人物当人であるのか、はたまた世襲やなりすましによって同じ名前を名乗っている別人なのかという新たな議論を呼ぶ事になっている
また、劇場版第20作『』に登場したキュラソーも灰原の正体に気づいたが、誰にもこの事実を知らせないまま死亡している 標的の暗殺に失敗し、コナンに犯行を暴かれたことで警察に逮捕され、護送中の車内で歯に仕込んでいた毒薬を用いて自殺した
その後、ジンとウォッカから睡眠薬と偽って渡された青酸カリを雅美から飲まされて死亡する 愛用銃は
シャロンとして活動していた時期は、変装と演技(老けメイクに加え、本人によれば当時は「普段から老けたフリ」)によって歳をとっていたように見せながら、時期を見計らって本来の素顔に戻ってはクリスを名乗ってデビューし、一定期間だけ二役 で活動した後、最終的には本編の1年前に偽のを挙げてシャロンが急逝したと欺(あざむ)き、完全にクリスとして認知された 爆撃をまともに受けたことから、遺体は損壊が激しく、身分を証明するものも発見されなかったため、身元の判別が不可能とされた
おかげでコナンの罠にかかりそうになった事もある 計画内で仲間の構成員を平然と使い捨てる、組織とは無関係の一般人を脅迫し殺人を実行させる など、自己中心的で非情な行動をとり、笑いながら楽しむように標的を殺そうとするなど、冷血な面も持っている
モリアーティ教授は、元数学教授という表の顔と、冷酷な犯罪者という裏の顔があり、ジェイムス・ブラックが真の正体だとすると、FBIの捜査官と犯罪組織の黒幕という2つの顔をもつという共通点が浮かび上がります ベルモットにとっての新一と蘭は「この世でたった2つの私の宝物」であり、前述のバーボンとの協力においても「何があっても2人に危害を加えないこと」を条件として挙げている
FBIには、過去にシャロンとして犯した犯罪(の父を殺害したことや、ジョディ宅に放火したことなど)の証拠(現場に残された指紋が、シャロンとクリスの指紋と一致したこと)をつかまれているうえ、逮捕こそ妨げられている ものの要注意人物としてマークされており、父を殺されたジョディからは根強く恨まれている また、ジェイムズは作者がボスではないと否定している人物であり、キャラのインパクトとしても「否定していたけど、実は黒幕」な可能性は少ないと考えます
とはいえ、公安に所属する安室透(降谷零)や、FBIの赤井秀一などのスパイの潜入も割とあり、しかもコードネーム「バーボン」や「ライ」が与えられるほど功績が認められてしまう、ちょっと抜け穴になりそうな部分も この館は扉、床、手すり、、からにいたるまで彼の特注品で、すべてに上述のカラスをあしらった家紋のような紋章が刻まれていた
新一が飲んだ毒薬を「未完成の薬」という内部情報で表現したこと 第1話でジンが新一に毒薬を飲ませるときに「死体から毒が検出されない、人間には試したことがない試作品」と発言しているように、薬はまだ未完成です ただし、組織に関わった人物は基本的に殺害されているため、社長が助かった理由は不明である