テセウス の 船 ラスト。 テセウスの船漫画ネタバレ最終話89話結末!続編やその後の展開も考察

そして新しく生まれ変わった方が笑顔がなくなっている=悪いもの。

心は犯人の名前を聞き出そうとしますが、鈴はおなかをさすりながら 「この子が名前を言うことをゆるさない」と言います。 石坂に説得されて中絶。 — Mt. このへん、 パラビのオリジナルストーリーでしっかり解説されているらしい! 「テセウスの船」最終回ラストの感想 うんうん、やっぱそう来たか~って感じ。 その後、正志と妹は「殺人犯の子供」としていじめにあった。 それから28年経ち、文吾はタイムカプセルを開けました。 霜降のゴリ押しが日曜劇場にまで. 心は由紀の実家に向かいますが、 両親は心のことを知りませんでした。 同じ頃、金丸は何者かに呼び出され、崖から落とされてしまった。 『テセウスの船』終わり方考察・小藪は何のために出てきたの? そして鈴は・・・なんと犯罪者の娘と言う事実を消すために、なんと顔を整形して名前を買えるんです。
77
しかし、最後に文吾に息子だと信じて受け入れられて、安堵の表情でこの世を去る心の表情もまた印象深かったですね 横には木村さつき(麻生祐未)の遺体が…!• かつて庭に埋めたを掘り出した
)ドラマがなかなか話が進まず、心と佐野がモタモタしているばかりでイライラする! そしてこれまで登場してこなかった心の兄・慎吾役で「ハライチ」澤部佑が出演 そこにある男が現れました
物語のあらすじのネタバレになりますので、ご注意ください 姉は名前と顔を変え「村田藍」という人物として生活• 幼い頃、凍傷のせいで顔に大きなアザが残ってしまった
まさに記憶も過去も経験も何もかも別人です そこで久しぶりに会った文吾は正志に 「家族は大事にしろよ」と言ったが、この言葉が正志の殺意に火を付ける結果になった
スタンガンで文吾が意識を失う• 心は心配しますが、文吾は殺人事件の方が先だと言い、お泊り会の打ち合わせを優先させました 生まれてこれなかった子供のためにも、教師になって子供を守る!と決意
みきおは「でも作戦変更!いま鈴ちゃんが喜ぶのは、佐野文吾を無罪にしてあげることだよねえ」と言って、「ジエンドー! 心の写った写真 自宅に戻った佐野一家 でもでも、整形したのは、犯罪者の娘だからです
しかし、加害者家族である田村心を全て知った上で結婚してくれた田村由紀と幸せな家庭を築こうとしていました そこで鈴の名前が入ったキーホルダーを見つけます
そもそも、故意でもなく起きた事故、しかももみ消されたものがそこまで広まるのか? 消化不良な結末で残念です」 「最終回期待しすぎて肩すかしくらいました そこに刑事の金丸がやってきます
それでも、音臼小事件を起こして子供たちを大量殺害する動機にはならないと思います 木村みきおは音臼小学校無差別殺人事件の被害者で、その後遺症で下半身不随になってしまい、心の生徒だったときは 「加藤みきお」という名前でした
その割には伏線も事件の詳細も回想せず、取ってつけたハッピーエンド テセウスの船のパラビの有料コンテンツ、伏線回収のオンパレードで最終回より興奮する

文吾を一人で山小屋に呼び出すみきお• 続編が制作される可能性は非常に低いと思いますが、東元俊哉先生の描く漫画がとても面白い事は「テセウスの船」で周知の事実となりましたので、次回作にも期待したいですね! 加藤みきおのその後を描いた番外編? 心や文吾を中心とした、続編を制作する事は難しいと思いますが、加藤みきおの人生を描いた、単行本1冊適度の番外編なら読んでみたい気もします。

そして加藤みきおの伯父・信也に成りすました木村みきおが母・和子を殺そうとしますが、鈴が奥から現れたので作戦を中止します。

『テセウスの船』終わり方考察・タイトルの意味は? 12年前の音臼村祭で文吾を恨む人間とは? 教師の木村さつきは犠牲者にならなかった。

」と自問自答します。

そしてみきおは鈴を手に入れることに成功しますが、それは 以前の鈴とは別人でした。

心は「わからない」と言い自首するように言いますが、みきおはナイフで心を刺してしまいます。

誰からかわからない本を見て、 文吾はいきなり罪を認めました。

26