柳家 小 せん。 柳家小三治

1月5日のでの高座を最後にが悪化し、同月9日に都内の病院に緊急搬送、同月12日15時50分、のため死去。 43
オーディオ [ ] 蓄音機での音楽鑑賞も楽しんでいた。 圓窓とは芸の上での好敵手であり、私生活では良き友人でもある。 第57回• 前座の名前まで、まめに更新している人がいるものだ。 強い信念を持って生きているからなのだろう。 ロケーション 隠れ家レストラン、一軒家レストラン お子様連れ 子供可 オープン日 1946年 備考 各組に炭をおこして囲炉裏を用意するので、最低4名からの完全予約制です。 - 落語家初の保持者()認定。
96
お詫びして訂正します) 伸びなさそうな前座が破門されたとしても、正直それほど残念ではない この節のが望まれています
外に向けてペラペラ喋るような性質のものじゃないからである (向けローカルCM)• ( 2016年3月) 柳家 小三治 ( やなぎや こさんじ )はのである
(昭和18年) - 長女の喜美子誕生 死去前夜「が食べたい」と言い、寿司屋から取り寄せて夕食に食べ、「明日は、が食べたい」と言って寝室に行った
直弟子、孫弟子、曾孫弟子まで合わせると現在の落語協会では最大の人数を誇り、また東西落語界を合わせても、平成期まで存命であった者の一門としては最多である (1985年、、監督:柳町光男)• 現在は空き名跡
(昭和55年) - よりDVD発売
1996年、高座の合間に上野広小路でを受けている最中にを発症した 門下から [ ]• 噺家と書きたい! でも噺家って書いたら税務署から電話が掛かってきた
せっかく終えた前座期間をまた務めるとは大変であるが、でも噺家ではいられた (1981年、) - 剣道の師範・道場主 役• 多数リリースされているが、そのほとんどがによってプロデュースされたものである
小三治自身も素人時代に圓生が好きで真似ており、師匠・小さんの影響を受けるまでは圓生の弟子と間違えられたとマクラの中で語っている 2014年6月、に会長職を譲って協会顧問に就任した
息子の6代目小さんは、「初々しくて良いのではないか」というニュアンスの発言を著書で行っている よりDVD発売
スクリーンで観る高座 シネマ落語「落語研究会 昭和の名人 四」(2012年、松竹)• 第55回• クラシック音楽 [ ] 鑑賞も歌唱も好む 若手の漫才師の感覚だ
60