産休 計算。 産休の計算方法は?いつからいつまでとれる?早見表も紹介!

42

基本的に産前休業と産後休業の申請は同時に行います。

注)2020年7月現在の情報です。

さらに契約社員や派遣社員の場合、子どもが2歳になる前々日までに契約満了期日があると育休の取得が難しくなることも。

直接支払制度では、分娩費用から手当額を差し引いた分だけ病産院の窓口で支払えばよく、出産時にまとまったお金を用意しなくて済みます。

最近は独自の福利厚生制度を設けて、産休中も給与が支払う会社も出てきていますが、そういった体制が整っていない会社の方が多い状況です。

また、産後休業についても一般職と同じく産後8週間と決まっています。

67

取得条件と活用パターンは? パパ・ママ育休プラスを取得するためには条件があります。

もらえる金額の計算方法: 1児につき42万円(産科医療保障制度未加入の医療機関で出産した場合は、1児につき40. お金の心配をすることなく、安心した産休・育休期間を過ごすためには、現状より待遇の良い会社に転職することも選択肢の一つです。

しかし、給料に代わる生活保障として、いくつかの手当や給付金制度があります。

申請方法 認定請求 初めての請求 に加え、翌年以降は現況届が必要。

その後、会社に復帰。

ただし、一定の条件を満たしている必要があります。

この期間の給料代わりとなるのが「育児休業給付金」です。

注意点 初回支給は申請後に支給決定を受けてから約1週間後に入金されるが、初回申請期間として約4ヵ月あるためすぐに手当をもらえない可能性も。

4万円)• しかし、保育園などの空きがなく入園する目処が立たない場合や、配偶者が死亡したり怪我や病気をしたりした場合は、 子どもが1歳になる前に申請することによって育休を1歳6ヵ月まで延長することができます。

事前に準備しておけば、安心して産休・育休に入ることができますね。

66