アウトランダー フル モデル チェンジ。 【新型アウトランダーPHEV】2021年10月フルモデルチェンジ日本発売!最新情報、航続距離/充電時間、燃費、価格は?

フロントデザインコンセプトの「ダイナミックシールド」は次世代に進化した アウトランダーは、最大のライバルである国産車のミドルクラスSUVを意識して今回の一部改良を行って安全性や走行性能を強化して、さらなる魅力的な車へと進化しました
急速充電に対応している などの理由で、より評価が高いんですよ 最新のトレンドをしっかり各所に取り込んでる印象
一方、ガソリンエンジン車を設定しないことについて、系列ディーラーからは懸念の声も出ている 「タイヤを背負った『パジェロ』伝統のリアスタイルからインスピレーションを受けた」と説明されるリアまわりの造形では、その上部で安定感を、下部でSUVらしい機動性の高さを表現しており、また水平基調の「Tシェイプテールランプ」も特徴のひとつとしている
4Lエンジンの燃費のWLTCモード燃費が公表されていないため、計算して推測することができませんが、日本基準のWLTCモード燃費で言及されていることから、日本にもこの2. 日本発売前は、前モデルとなる「エアトレック」の輸出名に採用されていました 年間では1万2000台の計算となり、昨年度の8600台から4割増の拡大ペースを見込んでいる
7インチWVGAディスプレイメモリーナビゲーションなどを装備するアウトランダーの最上級グレード「G Plus Package」は、今回の一部改良で空力性能を向上できるリヤスポイラーを標準装備させてスポーティさを高めます これら3色にベーシックな6色を加えた、全9色のカラーをラインナップする
5Lガソリンエンジンを搭載 エンゲルベルクツアラーは、ジュネーブモーターショー2019で、次世代クロスオーバーSUVのプロトタイプとして発表されています
その他、ヒーター機能付きステアリングホイールやTomTomナビゲーションシステム(360度カメラ付き)、ツインリアUSBポートなどの快適装備も備えます 商品の価格・仕様・発売元等は記事掲載時点でのものです
フロントデザインの「ダイナミックシールド」を次世代化し、力強さと安心感を表現している スポンサーリンク. アメリカ、カナダ、プエルトリコでは2021年4月より北米仕様の新型アウトランダー発売• 新型アウトランダーの先進機能 新型アウトランダーには、三菱の「e-Assist」に加え、日産のプロパイロットに相当する、 マイパイロットが搭載されることが発表されました
フロントにはLEDのヘッドライト・デイタイムライト、ダイナミックシールドを装備します 3Lディーゼルターボエンジン」の3種類になると予想されていますが、今回発表されたのは、2. 2017年11月の時点で365万~478万円の価格帯ですので、 新しいエンジンや1基増えるモーターなどを考慮すると400万がスタートラインになると考えられます
98
北米では新型7代目がデビュー済。 一部改良後の アウトランダーが該当する「サポカーSワイド」は、歩行者に対する自動ブレーキやペダル踏み間違い時に急発進を抑える事のできる安全機能などを搭載する車が対象となります。 シートやドアトリムのダイヤモンドのステッチが特徴的です。 だから現状新型アウトランダーPHEVに関しては不透明な部分は多いものの、いずれ2021年中には発表されるはず。 4L直列4気筒ガソリンエンジン、最高出力150psに最大トルク360Nmの直列4気筒ディーゼルターボエンジンが設定されています。 衝突安全性や操縦安定性を大幅に向上させた。 9kgm トランス ミッション 8AT CVT バッテリー - リチウムイオン バッテリー 13. 三菱自動車は、子会社のパジェロ製造(岐阜県坂祝町)における乗用車生産を2021年上期に停止し、工場を閉鎖すると発表。
18