月光 ベートーベン。 ベートーベンのピアノソナタ第14番「月光」とは?月光の感動を漫画で描いた理由も紹介

Emil Gilels エミール・ギレリス 1916年生まれのユダヤ系ロシア人のピアニスト、ギレリスもベートーヴェン弾きとしては名高い人です。 当時はモーツァルトが確立した、作品を有機的にまとめる方法の「主題労作」が流行っていたので、第1楽章の分散和音という要素を用いて、この第3楽章も書かれています。 ベートーヴェン自身が付けたタイトルは、「幻想曲風ソナタ」。 「幻想曲風」とついた曲で、静かで、 ゆっくりとしたテンポの第1楽章からはじまり、 第2楽章、第3楽章と進むごとに速さと迫力を増していきます。 ライプツィヒ市の紋章がライオンだからです。 ここではベートーヴェン「ピアノソナタ第14番(月光ソナタ)」の解説と名盤の紹介をしたいと思います。 私のイメージでは、「顔を上げて!」と誰かに励まされている感じです。 メロディラインを明確に歌って。 それは30番からの最後のソナタ群でも 同様ですが、確かにフランス人の弾くショパンのような大胆なルバートではないかもしれません。
70 6