ミル マスカラス。 ミル・マスカラスとは

4月には、女子プロレス団体のが開催した『STARDOM MASK FIESTA』に出場した。 獲得タイトル [編集 ] WWE殿堂入り式典(2012年)• 同年1月23日のMSG定期戦で行われたタイトルマッチでは、がマスカラスのを務めている。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 にスタートしたのWWF全米侵攻サーキットにも、アメリカでの主戦場だったや、地区でのショーを中心に出場。 マスカラスがこの技を炸裂させる相手に小鹿を選んだのは、ロスで何度も対戦した小鹿がこの技の存在を知っていたためと思うのだが、いかがだろうか? しかしこの技は当時の日本のレスラーやファンには斬新すぎて訳がわからなかったのではないだろうか?エプロンで試合を見つめる小沢の「なんだ、この技は?」といった表情がすべてを物語っている。 には1970年代からにかけて不定期に単発参戦しており、には当時のWWWF王者に挑戦。
94 89

からにかけてはの地区(NWAハリウッド・レスリング)を主戦場に活動し、、、らを破りNWAアメリカス・ヘビー級王座(世界ヘビー級王座の実質的な後継タイトル)を通算4回獲得。

月刊ゴング 当時は月刊誌 の記者によれば、 アル・パチーノに似てるとも言われていました。

ルチャ・リブレのマスターが集うこの試合では、序盤からアームホイップの応酬などの軽やかなムーブが展開され、ドス・カラスがカニバサミからのキャメルクラッチ、弓矢固めと流れるような技のコンビネーションを繋げ、マスカラスもヘッドシザーズ・ホイップを連発するなど衰えぬ技術を見せつける。

中盤に活動していたアメリカ北東部の独立団体の認定タイトルで、、、、、、、などの挑戦を受けた。

この試合は、当時WWFと提携していたの放送局であるの『』においても中継された。

未知の技が繰り出される・・・これが昭和プロレスの魅力であった。

10月16日、のパラシオ・デ・ロス・デポルテスで行われたの収録に登場。

甥のと(サイコデリコ・ジュニア)は共にプロレスラーとなっており、ドス・カラス・ジュニアはを経て、アルベルト・デル・リオのリングネームでにて活躍した。

11月21日にはのに初挑戦した。

43