ペットショップ売れ残り。 保護・譲渡の犬猫 里親募集

これは、犬や猫を販売するには国が定めた様々な厳しい条件をクリアしなければならず、実質それは大変難しいことだからです。

このような目的で、動物を「仕入れ」ているはずですが、実態は闇につつまれています。

「ぼくには日本犬らしい精悍さがあるでしょ」(小林写函撮影) 黙禱が終わったとき、父親に告げた。
何故そんなことが起こるのか。 石川 0• 引き取り業者 子犬の場合は、生後3カ月ぐらいまでに売れなければ、そのまま売れ残ってしまうことが多いです。 記事を取得できませんでした。 しかし悲しいことに、引き取った犬をネグレクト(必要な世話をせず、適正な飼育を怠り放置している虐待状態)により、衰弱や死亡させるケースが起こることも少なくありません。 メスは特に、ブリーダーの元に戻って子犬や子猫を産む為に使われます。 実際にペットショップで人気があるのも、生後2~3ヶ月頃の子犬たちです。 子犬や子猫は月齢の低い子たちから売れる傾向があります。 たった生後6か月でも、ペットショップでは売り時を逃した不要犬となってしまう現実。 昔は子犬や子猫などはペット専門店が取り扱うことが多かったのですが、近年はホームセンターに行けばペットショップが併設されているところも多い現状です。

出会いをくれたことには感謝しますが、私がもうペットショップを信用しないことになるきっかけになりました。

話と全然違う 店員さんは完治したとはっきり言っていました。

都道府県 :• ブリーダーが経営しているお店とのことで、「一か月単位で値引きされていく(友人談)」そうです。

必要な買い物をすませ、なんの気なしにペット用品を扱う店に立ち寄った。

また何かここが知りたい!などご意見があれば、コメントで質問を下さい。

保護団体には、先に紹介したようなペットショップで売れ残った子や、保健所で殺処分されるところを保護団体の方のおかげで救われた子もいます。

お気に入りのドッグカフェなどがあるなら、しっかりチェックしておいて くださいね。

実際どうなのかについてお答えします。

運が良ければ保護団体に引き取られ、里親を探してもらえる場合もあります。

17