プリーツ マスク カバー 作り方。 マスクカバーの作り方|プリーツ使い捨てマスクのヨコ入れタイプ

本体のプリーツを作る 本体のタテにジグザグミシンをかけ、縫い代 1cmを折ってミシンをかけます。

縫いにくい場合はアイロンで押さえてから縫うと、縫いやすくなります。

デザイン的にはメンズ用にも使えそうかなと気に入っていたのですが、自分で実際に使ってみたところ、細すぎるゴム紐は長時間着用していると耳が痛くなってしまうことがあって、あとで普通の太さ 3~4mm幅 の黒いマスク用ゴムに付け替えることなってしまいました。

縫ってからあとでたたむときに、簡単に印をつければ大丈夫です。

そこで、使い捨てマスクと併用して使えるマスクカバーを作ってみました! ただ、このマスクカバー … いろんな作り方があるのですが、なかなか自分好みの満足のいく作品ができず、かなり苦労しましたw 何十枚と試作を繰り返して、ようやく満足のいくマスクカバーを作ることができました! 私のマスクカバーはマスクカバー独特のごわつきをなくして、使い捨てマスクとマスクカバーの一体感を大切にしています。

ただし、有料の「柄が選べるキット」に付属している型紙の商用利用はNGとなりますのでご注意ください。

プリーツになる部分に 印をつけます。

75
印と印を合わせて待ち針で留めて、図のように青い点線の部分を縫います 型紙なしの作り方なので、のところに記載したサイズに生地をカットします
ここはていねいに、袋縫いで始末します もう1度重要なので書いておきます
【 裏布に必要な生地のサイズを算出する 】 裏布は生地の中心を境に、 観音開きになるような折り方をします 裏布側から印を付ける場合は、上から2cmのところに点を打ち、2cm間隔で計6カ所点を打っていきます
四角の上と下の辺を縫います ゴムを通すところが作れました
サイド用の小さい布には縫いしろはありません *ハンドメイドブログ* 無料で型紙を載せていますので、ぜひご利用下さい
上下を折り曲げたところもしっかり縫えるように、端まできっちりミシンをかけています 表にひっくり返して、上下の縫ったところにアイロンをかけたら、端から2mmくらいのところにステッチをかけます
38 62