Ma シャーシ 電池 落とし。 MAシャーシの電池落としの加工方法~その1~/入荷情報もあるよ~!

塗装もだいぶスキルがあがって見た目もかっこよくなりました。 私はいつまで経っても電池の向きが覚えられないので こうしないと電池の向きがわかりません… 笑 最後に 電池落とし方法の説明は以上となります。 リアステー また、走行時のトラブルを防ぐためか、従来とは違う固定方法や従来よりも取り付けが固くなっている所が多々あり、組み立てやメンテナンスにコツが必要である。 他のモーターが中心になりシャーシだと強度の面を見ても完全に自己責任となってしまい最悪レースしていて真っ二つというのも起こりうると思って改造してください。 ですが、このままだと長すぎるのである程度の長さでカットします。 こうなったらもう修正不可能・・。 というわけで完全にミスってしまったので、新しくシャーシを用意してまたやり直します。 良い感じで結構落ちてますね。
93
一番外側のビス穴の幅で84mm。 続いては、その反対側のラインです。 左側が無加工MAシャーシで右が肉抜き後です。 重い電池の位置を下げることによって低重心化できて、より安定感があがる。 わかりやすいようにこんな風にマーキングしてみました(笑) 続いてはピンバイスで先程マーキングした部分をドリルで穴を開けていきます。 ウイニングバードフォーミュラです。 次にその印をつけた箇所にドリルで片っ端から穴をあけていきます。
12
ライトダッシュモーターでもきびしいのか 削らなくてもいい所まで削った感はありますが これだけ削っても強度的には問題ありませんので 電池落とし作業をする際に参考にして頂ければ幸いです
ブログ用に作業をしていたら、 瞬着のノズルがとれて携帯にぶばしゃー!してしまいました>< 幸いかかったのが、ほぼ保護シートだったので最悪の被害は免れました 電池の位置が下がってしまったために電池ホルダーの所に隙間ができてしまってます
で、この肉抜きしたシャーシをさらにさらに超軽量化していくことに さて、今日はMAシャーシの電池落としの加工方法~その5~をご紹介します
こいつは引き続きメインマシンとして使っていきます ちなみにLEDライトの搭載方法はこちらの記事にて
昨日、またしても帰りにラーメン探訪してきました その時の様子をさらっと
28