ナルト アニメ オリジナル 飛ばす。 ナルトオリジナルを飛ばす場合は1〜135

サスケの居場所を問い詰めるナルトだが、カブトは不敵に微笑む。
里の命名者はうちはマダラ。 地形的には砂漠が多く資源が乏しいなど過酷な環境下にある。 飛雷神の術(ひらいしんのじゅつ) 扉間が開発した術の一つで、後のミナトの得意技であり「 黄色い閃光」の異名の所以。 かつての戦で徴用されていたが、その後は呪われた血族として蔑まされていた。 しかし、暗部の真の目的は大蛇丸が次の体にと目を付けていたサスケの暗殺にあった。 影分身の術(かげぶんしんのじゅつ)(補助、上忍) 二代目火影・扉間が開発した術で、実体を持った術者の分身体をチャクラで作り出し、物理的な攻撃を可能とする高等忍術。 また、本来資格のない者が特殊な処置により能力を得る場合もあるが、拒絶反応などの負担も抱えることになる。 柔拳・点穴針(じゅうけん・てんけつしん) チャクラを集約した指先で対象の点穴を突き、チャクラの流れを止める。 砂隠れの我愛羅と対戦する。 72巻の初週売上部数は87. 但し原作・アニメ共に穢土転生されたうちはイタチや長門、二代目水影・鬼灯幻月が口寄せの術を使用していることから、何らかの形で術者が復活した場合は自動的に再契約される模様。
84
また、46以上の国と地域で発売されており、300万部 、540万部 、750万部、1200万部、1700万部の売上げを記録し 、2019年3月時点で海外累計発行部数は9700万部を突破している。 かつての街の住人の子孫たちは遊牧民として暮らしている。 マダラは千手一族の率いる木ノ葉とうちは主導の道に反対したうちは一族へ復讐を誓い、初代火影・千手柱間に挑んだ。 200年前に降って来たチャクラを増大させる星(隕石)がある。 優性の性質の術と劣性の性質の術をぶつけた場合は、劣性の側の術が本来の効果を発揮できない場合があるが、その一方で術の相性だけで決まる訳ではなく、術に使われるチャクラの量次第では劣性の側の術が優性の側の術を破ることもある。 12歳で上忍となり天才の名をほしいままにしてきた。 死の森 第44演習場の通称。 またこれを原作とする、などの作品。 湯の国( 湯隠れの里) 「戦を忘れた里」と呼ばれており、観光資源を有している小国。 一方サスケはイタチとの共闘を通じて、改めて忍世界、里、忍とは何なのかを知りたいと思うようになる。
第一部・少年編 (ジャンプコミックス1巻から27巻まで) 忍五大国の一つである火の国の木ノ葉隠れの里に、強大な力を持った、九尾が襲来した 少年漫画では普通はやらないやり方だった」と作者自らが後年述懐している
その際に大蛇丸の言葉に触発され、九尾の力が目覚めて大蛇丸を追い詰めていく 火の国の西方(土の国と風の国に挟まれている)賞金稼ぎのいる荒野にある小国で、隠れ里は持っていない
突然のサスケの変わり様に戸惑うサクラや同期メンバーだったが、ナルトはそんなサスケを冷静に受け入れ第七班が約3年振りに復活を果たす 一方ナルトとカカシは、カカシの万華鏡写輪眼のおかげで我愛羅の遺体の奪還に成功する
二次試験は両者とも120時間の制限時間が定められたサバイバルとなっており、一次とは打って変わって他の受験者の殺傷を容認、試験中は自給自足という過酷なものとなっている 草隠れの里 木ノ葉隠れの里と共同で中忍試験を行っていた里
復活したマダラは圧倒的な忍術、体術、瞳力を駆使し忍連合を蹂躙する そこでサイの全てを知るカカシ班
陽炎の里(山の国) アニメオリジナルの里で、かつて木ノ葉隠れの里に戦いを挑むも敗れて消滅した 白眼で見切った敵の攻撃を全身から放出したチャクラで受け止め、そのまま全身を高速で横回転させて弾き飛ばす
自分で描いた絵を実体化させ操る「絵心」という特殊能力を持つ 完全な無限月読の発動には十尾を復活させて最終形態である神樹に変化させ、人間のチャクラを養分として吸収させる事で月に向けて成長させ、そして神樹の先端の花のつぼみを開花させることで、月に輪廻写輪眼を投影するといった手順を踏まなければならない
完結後の展開 本編最終話を掲載した2014年50号にて、2015年春より、新編の短期集中連載予定、およびノベライズが発表された 最初の五影会談でとの所有権を得る
上忍会議に推挙され大名に承認されたものが「影」を名乗ることが出来る 一方ガイ班は、カカシが口寄せした忍犬、パックンと共に川の国にある暁のアジトを目指していた