オクラ 発芽 日数。 オクラの上手な育て方

6cmのポリポットに、市販の「種まき培土」などを入れ、1鉢あたり4〜5粒をまき、発芽適温を確保できる場所で管理します。

5)種子の寿命が過ぎている 種子は自分が発芽できる環境に置かれるまで、最低限のエネルギーだけを使って生きています。

91
同じ場所で作り続けず、他の野菜と輪作するようにしましょう (直まきでは本葉が4~5枚の頃) あまり早い段階で苗を間引いてしまうと、残った苗が枯れたり害虫の被害に遭ったりしたときに困ることになります
キュウリ 毎年キュウリは病気とアブラムシに悩まされているので今年は対策として『やさお酢』という殺虫殺菌剤を使ってみることにしました 基本的に売られている種子は、採取してからすでに1年以上経っているものも多いと言われていますので、その分を考慮して使い切りましょう
その後にしっかりと水をやりましょう 上手く発芽させて、上手に収穫したいところです
発芽率が上がる オクラの種は硬い殻に覆われているため、ペットボトルに水と一緒に入れて一昼夜浸しておくと良く芽が出ます
地温が低いとタネが腐りやすく、また発芽に日数を要し、病気にもかかりやすくなる オクラの栽培方法・ まとめ オクラを育てるためのポイントは以下です
特にプランターの場合は地温が変化しやすいので、注意しましょう 土づくり ・植え付けの2週間くらい前に苦土石灰を1㎡当たり100gまいて良く耕しておきましょう
気温が高い時期は直まきし、気温が低い時期はポットまきがおすすめ 小松菜 ほうれん草 昨日で小松菜とほうれん草は種まきから37日目になりました
10