宇髄天元 派手派手だ。 『鬼滅の刃』宇髄天元(うずいてんげん)の名言・セリフ集~心に残る言葉の力~

important;text-align:justify;line-height:1. その容姿は平時の宇髄からは想像もつかない程で、つまりは忍者の隠行の術の効果を充分に発揮している(通常の忍は潜伏時に『口に綿を含んで顔の輪郭を変える』『付けホクロ』『眉を剃って描く』などによって、顔の印象を変える事で隠行を成す)。

この後、お館様である産屋敷耀哉により、人を襲わないという保障ができない、証明ができない、ただ「人を襲うということもまた証明できない」と柱達を諭します。

相手を認め伝えてくれるところも同じ 暑苦しいほど熱い二人ですが、全く逆の考えも持っていましたね。

仲間を「戦いの闇」から救い出すために、宇髄は誰よりも派手でなくてはならなかった。

命を軽くは見ないけど、 自分の命は二の次、三の次で優先はあくまで周りと言うところがかっこいいですよね。

ひとつ前で血管が破裂が派手でいいと喜んでいましたが、そんな事を好んでやっていたら死んでしまいますので、言葉の派手な響きが好きなのでしょう。

他の柱とは一味違って、ワクワクしてる部分がとても独特です! 派手を司る神… 派手を司る神… 祭りの神だ 出典:鬼滅の刃 9巻71話 吾峠呼世晴 株式会社集英社 2017年12月9日第1刷 宇髄さんと炭治郎たちの遊郭潜入編。

その衝動に突き動かされた結果彼は妻たちと共に忍びの里から足抜けをし、鬼殺隊に入って「人の命を守る」使命を背負うこととなったのです。

だがそんな中で、宇髄天元の外見の描写は特別だ。

余談 上述したようにとても身長が高い為か、柱のアクリルスタンドで悲鳴嶼と宇髄以外の価格は一律 800円であるのに対して、宇髄のアクリルスタンドの価格は 900円となっている(悲鳴嶼は1000円)。

また、行冥に対して天元は 旦那と呼んでいることが【笑わない君へ】で判明している。

65
9em;border:1px solid 90c231;margin-top:. 鬼との戦闘においては薬物知識から調合した毒薬や爆薬を用いる。 怪しいお店として三つに絞っていた天元は、それぞれのお店「ときと屋」「萩本屋」「京極屋」の三店に炭治郎、伊之助、善逸を潜入させます。 宇髄が特に活躍する 「遊郭編」には多くの名言や名シーンがありますが、それと同時に迷言も随所に出てきます。 クソ強い。 今回は、TVアニメ『鬼滅の刃』遊郭編での活躍に期待が高まる宇髄天元をピックアップ。 派手を司る神…祭りの神だ 公式イケメン設定で妻三人いてはちゃめちゃモテるけど言うこととポーズがたまにアレな鬼滅の刃の宇髄天元、どうぞよろしくお願いします — いざかや辻子 cozuch710 コミック9巻71話にて炭治郎たちに言った元忍びとは思えないこの発言。 ちょいちょい兄貴ヅラされる。 自分はちがう、煉獄とはちがう。 最後まで彼を護衛して、嫁3人共々生き延びており、最終決戦後は入院中の炭治郎達を見舞いに訪問している他、その後も頻繁に彼等と交流している。
11