超電磁砲 禁書目録 順番。 とある魔術の禁書目録と超電磁砲について

「禁書目録」1期の9話~10話の間に、「超電磁砲S」がスタートし、それぞれの後半は同時期の出来事となります。

本当は超能力者になれるほど凄いはずの帆風が、優しくお人好しなせいで人に譲ってばかりでいて、食蜂の2番手に甘んじていることに不満を感じ、彼女が凄いことを証明するために食蜂の誘拐計画を立てる。

光学操作系の能力者。

「とある」シリーズを時系列で視聴する場合、ヒロイン御坂美琴 みさかみこと が主人公の「超電磁砲」1期が1番最初になります。

一方通行ってどんなキャラだったっけ?って思い出したい方は禁書目録に登場しますので、お時間あるときに見直してみてはいかがでしょうか?なにはともあれ、今からアニメ化が待ち遠しい作品ですね。

そのころ、「風紀委員」の事務所から固法の姿が消えていた。

41

打ち止めを救うべく、「禁書目録」を手掛かりにロシアへ向かう一方通行。

査楽(さらく) 声 - 暗部組織「メンバー」の構成員。

しかし、以降も彼はその事実を隠し生活を続けます。

実は時系列的には禁書目録シリーズよりも超電磁砲シリーズの方が先で、時系列の順番的には下記のようになっています。

とは、路上ライブを行っていた少女・と出会う。

全てが終わった後は美琴の尽力によって自由の身となり 、ジャーニーとフェブリの延命研究のため2人と共に国外の研究施設へと旅立つ。

自分の能力をブースターにラストスパートをかけようとしたが、藍鈴生徒によって服に付着させられていた包帯の残骸に引火させてしまい、パニックになってコースアウト、美琴・婚后ペアに救助された。

「天賦夢路(ドリームランカー)」編(第11巻 - 第13巻) 大覇星祭を終えた学園都市で「インディアンポーカー」と呼ばれるカード状の学習装置が流行し始める。

メインストーリーは原作の「妹達(シスターズ、Sisters)」編[30](第1話から第16話まで[注 45])。

コミュ障の姉を支えていた影響で面倒見が良いが、ややスキンシップ過剰で、相手に無意識にキスをする癖がある。

86