とんかつ 赤城。 相模原で一番有名な『特選ロースかつ』を食す! @『とんかつ赤城』神奈川県相模原市 | ガジェット通信 GetNews

『かつカレー大盛り』1220円 こんな感じで、どうでしょう? どうなんでしょう? 筆者、なんだかんだと『とんかつ赤城』歴は20年を超えますが、『かつカレー大盛り』ってここまで大盛りでしたっけ? ん~……明らかに過去イチで盛られている気がするのですがw 「当店のカツカレー大盛り、食べた事はありますか?」って聞かれたので、 「むしろ普段からカツカレーは大盛りしか食べないわ!」って思ったのですが、多分にコレは食べた事がない! いや、基本的に『とんかつ赤城』の『かつカレー大盛り』は相模原でも屈指の大盛りメニュー、ほぼデカ盛りの領域に入っているので、常にオーダーする時は本気なのですが、このレベルになると普通の人は絶対に完食出来ない予感で御座います。 ちなみに筆者の場合は、むしろキャベツを大量に食べたいので、このくらいキャベツがあっても問題なしです。 厚さ約5センチ、左側が脂身になっています。 お気をつけて! 量が食べられる人は、ソースに加えてドレッシングも2種類も用意されているので、ガシガシ食べちゃってください! 最後は分厚いロースかつのお供に欠かせない名バイプレイヤーたちをご紹介! デカ盛りの有名店ではマカロニも大きめだぞ!『マカロニサラダ』。 ここは、南口に進んでください。

100点満点で92点ぐらい。

丼ではなく、深めの茶碗にミッシリ装われています。

メニュー• 確かに書けばコケるリスクの少ない鉄板ネタは存在しますが、じゃあソレだけを書き続けたら盛り上がり続けるのかっちゅうたら……まあ無理でしょ? ですんで、やはり 「ヒットする記事を書く!」みたいな意識は凄く大事ですが、ソレばかりに意識を集中しても、最高の結果は得られないって事をアピールしておきたいと思います。

しかも、先頭のお客さんが店内に招き入れられても、2番目のお客さんが席を移動しないので、こちとらは、立ちっぱなしです。

噛んだ瞬間、ロースからの肉汁が口の中に広がる瞬間が堪りませんね。

最後に、特選ロースカツ登場。

ここも直進です。

とんかつの箸休めにかき込むのだが、食べても食べてもこのキャベツが減らない。

73

L字カウンターに全10席、キッチンスペースは仕切り壁の向こうにあって、よく見えません。

バスもあるにはあるのですが、なにぶん、本数が少ないので、役に立ちません。

お絞りと水が出されます。

階段を下りたら、眼の前の地下道の脇の通りを、左に進んでください。

とんかつやキャベツの量が多いので少なく感じるのかもしれない。

86