宮 に 初めて 参り たる ころ 現代 語 訳。 枕草子/宮に初めて参りたるころ 高校生 古文のノート

高 たか 坏 つき に 参らせ たる 大 おお 殿 とな 油 ぶら なれ ば、 参らせ=補助動詞サ行下二「参らす」の連用形、謙譲語 高坏におともししてある大殿油(= 灯火 ともしび )であるので 、 髪の筋なども、 なかなか昼よりも 顕 け 証 そう に見えて まばゆけれ ど、 念じて見など す
雪いとをかし ぞ=強調の係助詞 ご好意に 背 そむ く のは腹の立つものですよ
つらく思っているだろう 強調する意味があるが、訳す際に無視しても構わない
で、それがリアルな人間の形になったりもします 係助詞「ぞ」を受けて連体形となっている
雪いとをかし 」など言ふを聞きて、女房の放つを、「まな
35 89