小池 知事 記者 会見。 【小池知事復帰後初会見詳報】「ばたっと倒れても進んでいく」

職場で感染が増えているという傾向があります。

医療従事者、約50万人ですけれども、こちらの接種はほぼ終えておりますし、その結果でしょうか、病院内での複数発生事例っていうのは、これはもう劇的に減少している。

よって大会期間中はむしろ物流にしても交通量にしても減るという設計になっています。

それでは知事、よろしくお願いいたします。

企業向けに、個人向けに色んなお願いをしてきていますが、こうした取り組みによって、大会が開催されます。

しかし翌日の都知事会見では、この「世田谷モデル」についての質問はゼロだった。

「都庁で行われる小池氏の記者会見を動画でよく見ますが、彼女のくだらない冗談に、前の方に座っている民放キー局の女性記者たちが、大げさに受けたり、うんうん、うんうんと必死でうなずいて見せている。

6

ただそのL452Rが、どのぐらい影響するのか、あるいは、またワクチンの問題もあって、ワクチンのスピードとL452Rの影響のどちらの影響が強いのかという不透明な要素もありますけども、なるべく早く1を切るような方向にできたらな、というふうに思っています。

オリンピックについてお伺いします。

【オリンピック・パラリンピック準備局長】私からお答えさせていただきます。

今回の緊急事態宣言ですけれども、国の強い危機感の下で発出されるものでありまして、そして都といたしましても国と危機意識を共有するわけでございます。

さらに、やはりこれまでも安全対策という観点でいえば、例えばワクチンですとか検査をしっかりと行うですとか、あるいはプレイブックによる行動管理ですとか、さらにはやはり東京都としてもTDMをはじめとして、人流等々を抑えると、こういう様々な取組をやってきております。

15
もちろん命令も、あるいは個別要請もこの間、数百件に上る件数も出しておりますけれども、こういったこともしっかりと取り組みながら、やっていきたいと思います 8日の5者協議で、東京五輪が1都3県での競技が無観客で開催されることが決定
このデルタ株についてはよく分かっていないということもあります 家庭で楽しくということもおありかもしれません
それから、医療提供体制についても改めてお伝えします 小池知事はこう答えた
医療従事者の方々のことについて、先ほどもワクチンを接種されて、結果、クラスターやその発生例が、もう激減しているということをお伝え申し上げましたけれども、それでも本当に医療従事者の皆さんは、ずっとこの間も都民の皆さんの命と健康を守るためにご尽力いただいてまいりました そこは国とも連携して、強化しなければいけません
小池さん、この会見を見ている方で『体調は大丈夫なのか』というような声が今、出ているようなのですが、知事ご自身の体調管理はしっかりなさっているのかを聞かせてください」 小池知事は「待っていました」とばかりに次のように答えた 「ワクチン接種の加速などを総合的な力として、ぜひとも成功に導きたい」と語った
【記者】ごめんなさい、今お答えいただいた中で、ちょっと福祉保健局長に、お答えの中にちょっといただけてなかったのが、8月22日(日曜日)までに、実効再生産数がこの対策で1を切るっていう見立てなのか 知事の静養中も悪化が進んだ、東京都の感染状況
主要な繁華街での滞留人口という事でありますけれども、夕方から夜だけではありません 今日までの間に、観客問題について菅首相とはどのようなやりとりを重ねてこられたんでしょうか
最後、これ以上続けるのは難しいという判断もあり、医師の判断もいただいて、入院ということで、何日か過ごさせていただきました 50代の重症者については、男性の方が多い