人参 しり しり。 沖縄料理にんじんしりしりってどんな料理?「しりしり」の意味も解説

にんじんの表面にざらつきが出て調味料がよく絡み、美味しいにんじんしりしりを作ることができるのだ にんじんしりしりは沖縄の郷土料理のひとつ
色々と使える人参しりしり、常備しておくと助かります! 人参の栄養・効能. にんじんしりしりを冷蔵保存する際は以下の点に注意しましょう 大人も子どもも好きな味付けで、いまや全国区ともなった人気のメニューである
料理が温かいうちに蓋をしてしまうと、冷めるときに容器に水滴が付着してしまい、水分がある部分から菌が増えやすくなるので必ず冷ましてから保存しましょう 何度かに分けて食べる場合は食卓に容器ごと出すことは避け、食べる分だけを出したら残りはすぐに冷蔵庫に戻してください
大抵のご家庭にあると思うので思い立ったらすぐに作れます ツナ入りをよく目にすると思いますが、今回は2つの材料でさらに簡単にしています 調理時間が短い 工程が( 切る・炒める )だけなんです 炒め始めてから10分ほどで出来上がります もちろん通常のスライサーでもいいが、「しりしり器」を使って味の違いを確かめるのもいいだろう
人参しりしりの作り置きの魅力 食材が簡単に手に入る 人参は一年を通して市場に出回り、価格も手頃なのでいつでも手に入ります 最近では色々とカラフルな人参もあり楽しめます 材料がたったの2つだけ 食材は人参と卵だけです 沖縄では「しりしり器」と呼ばれる専用のスライサーを使って作るのが一般的だ
調理時間が短いのは嬉しいですね 常備菜として 人参しりしりは冷めても美味しいのでお弁当にもむいています ・清潔な容器を使う ・冷ましてから蓋をし、冷蔵庫に入れる ・冷蔵庫から出した分は食べきる タッパーなどの容器に入れて保存する場合、あらかじめ容器を煮沸消毒するか、食品にも使える除菌スプレーなどを活用して容器についている菌を消毒しておきます
にんじんをえぐるようにしてカットするしりしり器を使ってスライスすると、丸みをおびた断面になる 火の通りがよくなるよう、なるべく細い千切りにするのがおすすめだ
34
また、容器を冷蔵庫から何度も出し入れすることも、水分が付く原因になります
しりしりとは千切りという沖縄の方言で、たっぷりのにんじんと卵、そしてツナというシンプルな材料のみで作る
1