既に ご存知 で したら。 「ご存知」はビジネスシーンで使える正しい敬語?例文・類語・英語表現もまとめて解説

また「ご存知だと思いますが」以外に「ご存知かと思いますが」「ご存知かもしれませんが」「ご存知のことと思われますが」などと言い回してもOKです ご存じのように、弊社にとって研究開発部門は重要なセクションであります• したがって、「ご存知」の尊敬語は「ご存知」自体が尊敬語のため、存在しません
この「ご存知」という言葉ですが、書き方は「ご存知」と「ご存じ」の2種類に分かれます 自分がその対象を知っている時に「存じております」と言うことがあります
先ほども出てきたとおり、「ご存知」は「お聞き及び」という言葉に言い換えることができます このため「ご存知」よりも、「ご存じ」と「じ」を平仮名で表記するのが正式であるという意見が一般的です
パソコン版です さらにこれらの正しい使い方を紹介する上で、いくつか例文ご紹介しますので、ぜひ実践で使用してください
まずリンクを貼りたいページのURLをコピーします しかし、もう1つの謙譲語として「存じ上げる」という言葉も聞いたことがあるのではないでしょうか
URLを挿入したらEnterキーを押すと、こんな感じで表示されるようになります 謙譲語 まず「ご存知」の謙譲語は「存じる」という言葉になります
【相手が知っているかどうかを確認する場合】「ご存知ですか?」と疑問文にする 目上の人に対してある事実を知っているかどうかを確認するときは、以下のように疑問文にすることが多いです したがって、「お聞き及び」は「ご存知」とは違い、既に知っていることを話す際に使用される言葉です
「ご存知の通り」を使った例文. 御社のことは以前から存じ上げており、これを機にぜひ弊社とお取引をお願いできないものかと、恐れながらご連絡を差し上げた次第です• 基本的に「存じる」という言葉は、知っている対象が物である場合に使用されますが、「存じ上げる」という言葉は、知っている対象が人である場合に使用されます ただし、実際のビジネスの場面ではこうしたルールに厳密に捕らわれずに「ご存知」という表記が一般的に用いられています
1
某氏と同ジャンルの方です 心配したくないけど・・・ もし核攻撃されたら、どこまで逃げればいいの? って考えてしまいますよね
違う点といえば、「ご存知」は動詞ですが、「存知」は名詞であるという品詞の違いでしょう 「ご存じ」の「じ」は、平仮名表記が正式 「ご存じ」という言葉は、「存ずる」に尊敬を表す接頭語の「ご(御)」を付けたものです
謙譲語は「存じ上げる」です 彼女の消息をご存じありませんか• 「ご存知」の使い方・例文 【相手が知っていることを前提にする場合】「ご存知とは思いますが」と文頭に置く 相手がすでに知っていると思われる事実について述べる場合は、以下のように「ご存知」を文頭に置いて使います
後ほど言い換えできる言葉で詳しく紹介します Carlos Labs社が作成したもので、1945年に米軍が広島に投下した原子爆弾リトルボーイから、広島に投下された15キロトンのウラン爆弾、長崎に投下された21キロトンのファットマン、60年代にソビエト連邦が開発した50メガトンという史上最大の水素爆弾ツァーリ・ボンバなど、いろいろな種類の核兵器でシミュレーションできるようになっています
ご存知のように本件については、私はすでに担当から外れております このルールによると「ご存知」の「ご」は、「御」と漢字表記するのが正式であると言えます
急なお願いで大変恐縮ですが、下記の件について、もしご存知でしたらアドバイスをお願いできないでしょうか?. まずは「存じる」という謙譲語よりも、「存じ上げる」という謙譲語の方が相手を敬う度合いが高いという点です 「単純に『じ』の部分が漢字か平仮名かという違いでは」と思われている方も多いでしょうが、実は成り立ちに違いがあります
98
相手がその事実を知らなかった場合に皮肉っぽく聞こえてしまう恐れがあるため、避ける方が賢明です 既にご存知の方は、スルーしてくださいね
askで公開済みの方とは別の方で企業出資の同人誌の件をお話ししていらっしゃる方がいましたので送らせていただきました 某氏と同ジャンルの方です
少しの言い方の違いで、ちょっとしたニュアンスが変わってきます 例えば、上司や取引先の相手に対して「先日の問い合わせの件について、〇〇さんはご存知でしょうか?」などのように使うのは問題ありません
「ご存知」の使い方・例文 【相手が知っていることを前提にする場合】「ご存知とは思いますが」と文頭に置く 相手がすでに知っていると思われる事実について述べる場合は、以下のように「ご存知」を文頭に置いて使います したがって、正しく使えるシーンを答えるならば、相手が目上の人の場合やビジネスシーンでしょう
【相手が知っているかどうかを確認する場合】「ご存知ですか?」と疑問文にする 目上の人に対してある事実を知っているかどうかを確認するときは、以下のように疑問文にすることが多いです 某氏と同ジャンルの方です
正しい使い方ですが、相手に尋ねる会話ではなく、既に相手が知り得ていることを知っているのであれば、「ご存知」という言葉を使用し、「ご存知のとおり、」という言葉を会話文の頭に付け加え、説明することが可能です ここでプラスマークをクリックすると4つのアイコンが出てきますので、<>をクリックします
」 させていただきます、幸いです は、へりくだりすぎで、あいまいなので、 出欠をきちんと確認したいという送る側の意思発信が中途半端です 相手がその事実を知らなかった場合に皮肉っぽく聞こえてしまう恐れがあるため、避ける方が賢明です
ご存知の読み方 「ご存知」は「ごぞんじ」と読みます 「ご存知ですか」という言い方をすると、尋ねた対象を相手が知らないことを前提としている言い方と捉えられてしまいます