蓮 コラ iphone。 iPhone 11 Proがもはや蓮コラでしかないと話題

アップルが11日に発表したiPhone 11 Pro で、3つのレンズが並ぶデザインがこの 「 蓮コラ 」 を見た時と同じ感覚 「集合体恐怖症」の症状を発症させるという声が相次いでいるそうです。 Apple Watchで話題になったこの機会に、私にとって「鳥肌度」の高いものを10点選んでご紹介しようと思います。 彼らを震わせる一方で、残り84%のコラ職人たちは、カメラを増殖させることで更なる恐怖を作り上げている。 私自身も恐怖まで感じなくても、忌避感がありました。 新しいiPhone 11の写真を見ていると、あらゆるものに火を付けたくなる」 「あの新しいカメラは私の集合体恐怖症を発症させる。 そんなブツブツしたケースの情報を、いつか記事にしようとコレクションしていました。 2018年の比較的新しい研究では、トライポフォビアは恐怖症ではなく、人間の本能的嫌悪感であるとする論文が発表されている。 個人的には「なぜこんな気持ち悪いデザインに?」と感じるものの、さまざまなメーカーからリリースされているので、需要があるのでしょう。 冗談ではない」 集合体恐怖症に関する研究は限られている。 net それいいな。

ところがそれを見てこの症状を発症したという投稿が、ツイッターなどのSNSで続出した。

同大の研究チームは集合体恐怖症について、こうした反応を引き起こす刺激体が、危険な有機物と共通する視覚的特徴を持つことに一因があると解説している。

イラストの上にラインストーンを敷き詰めたために蓮コラ化。

iPhone 11 Proが出る前からさ。

5点に対し嫌悪感は平均3点で、嫌悪感が強い傾向にあった。

トライポフォビアが嫌悪感をベースにした感覚であり、寄生虫や感染症を回避しようとする過度の応答のひとつであると結論付けている。

病気によってできた皮膚のブツブツへの嫌悪感が私たちの深層心理に根付いており、穴の集合はそれを連想させるというのだ。

蓮コラ。

新型iPhone怖い、「集合体恐怖症」発症者が続出 米アップルが11日に発表した新しいiPhoneをめぐり、3つのレンズが並ぶデザインが「集合体恐怖症」の症状を発症させるという声が相次いでいる。

19 9