お ひしゃ る ヒゲ ダンディズム 歌詞。 Official髭男dism「Laughter」の歌詞に込められているのは、自分自身に勝利を告げるためのメッセージ!

34

なんともヒゲダンらしく、センス溢れるフレーズですよね。

メンバー、スタッフ、出逢ってくれた総ての人への感謝が込められ、「今までもありがとう。

ここまでの歌詞から推測するに、 自分が心から満足してやっと手に入れることができる笑顔のことだと考えられます。

Official髭男dismさん『Laughter』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

「靴底をすり減らして」というフレーズからは、様々な苦労をする様子が伺えますね。

人生のステージが進むのは喜ばしいことですが、それと同じくらい不安も付きまといますよね。

Official髭男dismおすすめ曲〜ファンに愛される名曲編〜 【115万キロのフィルム】 Indies 1st full Album『エスカパレード』の一曲目を飾り、収録されている曲の中でも一目置かれる存在となっている「115万キロのフィルム」は壮大なラブバラード。

しかしこの「軌跡」が「放物線の軌跡」を表していると考えると、意味が通るのです。

聞きなれない方もいるかと思いますが、パラボラは「放物線」を表す単語です。

28
サビの「 切れないバッテリー」という歌詞は、球児の体力や甲子園に対する気持ちだけなく、ピッチャーやキャッチャーをはじめとする チームの絆が強く繋がっていることを表しているようで感動的ですよね。 「アスファルトを踏みしめていく」さまは、軌跡を描いていくさま、つまり 放物線 パラボラ を描いているさまを表しています。 これは一体何を表しているのでしょうか? 続く歌詞を読み解いていきましょう。 これからもよろしくね」という想いが綴られています。 誰しもが経験したことのある、もしくはこれから経験していく感情ですね。 タイトルは、『パラボラ』。 そんな姿や気持ちを、過去の自分との鼻歌のやり取りで表現しているようですね。 新居地にやってきた主人公は過ぎ去っていく時間に気おくれを感じつつも、未だ環境の変化についていけないでいます。 ノーダウト 『ノーダウト』は、ドラマ「 コンフィデンスマンJP」の主題歌に起用された楽曲。 共感深い。
95