さっぽろ 内科 リウマチ 膠原 病 クリニック。 リウマチ

それぞれ約10年間にわたり、診療に加えて、学術的、教育的立場で勤務してきましたが、私ごとながら、論語に言う「不惑・知命」の年齢となり、自然と広く多くの患者さんに私ならではの繊細な医療を届けることこそが天与の使命と思うようになりました。

さらに、膠原病疾患という病気は大変診断が難しく、治療も難渋し、痛みや皮疹と戦っている患者やご家族が沢山いらっしゃいます。

2010年07月10日リビング東京南版に記事が掲載されました。 2017年に開院した札幌市内では数少ないリウマチ膠原病治療に特化したクリニック。 細い関節にエコーを行うため技術と経験を要する関節エコーの診断においての信頼度は高く、原因不明の関節痛などでお困りの方はぜひご来院ください。 私の次の10年「NEXT DECADE」は 患者さんへの感謝・還元に捧げたいとの思いで発起した次第です。 4.膠原病は「自己免疫疾患」 いわゆる膠原病患者の血液の中には、自身の構成成分と反応してしまうリンパ球(自己反応性リンパ球)や抗体(自己抗体)といったタンパク質があることが分かり、これが膠原病という病気を起こすと考えられています。 上記の症状に気づいたら、当院さっぽろ内科・リウマチ膠原病クリニックへおいでください。 専門であるリウマチ膠原病疾患に対する診療を主体に、それにともなう生活習慣病や身体的障害にも対応したいとおもっております。 私は、筑波大学の膠原病リウマチアレルギー内科に所属し、その再建に協力してきました。
42 85 81